ユニークな給食の取り組み

ユニークな給食の取り組み

 
皆さんもきっと子供のころの給食に関して色んな思い出を持っているのではないでしょうか。
しかし私たちが持っている給食のイメージと現代のそれとは少し内容が異なってきているのです。
少しここでは具体的に少しユニークな学校給食とその取り組みに関して取り上げてみましょう。

 

例えば秋田県の一部の学校では年に一度、フランス料理のフルコースが提供されるのだそうです。子供たちに高級なフランス料理というのはまさに驚きですね。
これはテーブルマナーを覚えるという目的の元、お店で出されるのと同じような内容が子供たちに提供されるのです。
意外とこのようなテーブルマナーを知らずに育ってしまう子供も多いので確かにこれは興味深い取り組みです。

 

またより美味しいものを子供たちに提供するためにホテルと契約している学校もあります。これは非常に費用の掛かることなので私立の学校が多いようです。
しかし保護者としては愛する子供の為に決して高くない出費なのかもしれません。

 

ちなみにこのような給食費は年額10万円ほどだと言われています。さらに年に数回給食センターのスタッフを講師にして子供たちが自分で給食を作る取り組みも色んな都道府県で行われています。

 

この目的は何でしょうか。それは普段提供されている給食への関心を高めたり、調理技術を学ぶことにあります。中には保護者も一緒に調理できるイベントもあるようです。
ぜひ学校の給食事業はますます変わってきていますので、皆さんも関心をもって観察してみてください。