給食費未納問題

給食費未納問題

日本の小学校の98パーセントが学校給食です。特に共働きのご家庭にとっては、給食があるということは、お弁当を子供たちのために毎日作らなくてよいのでありがたい話ですよね。しかしそんな学校給食において問題があるのです。家計にゆとりがあるのにも関わらず、給食費を支払わない保護者が沢山いるというのです。

 

川崎の安くて美味しい居酒屋

 

学校側からも給食費を支払うよう催促しているにも関わらず、無視をし続けているというのです。あまりにも悪質な場合には、法的措置を取ったりする自治体もあるのです。未納分を学校側が立て替えたりするケースもあるそうです。学校としても、給食費を未納している子供に給食を与えないという事はできませんよね。

 

浜松の居酒屋は個室が接待に使いやすいです

 

小学校の学校給食費は月大体4000円程度です。給食費を支払わない保護者の言い分としては、小学校は義務教育だから支払わないというものなのです。中には、給食を出せと頼んだ覚えはない!自分の子供にお弁当を持たせるから給食費は支払わないという親もいるそうです。さらには、未納であるのに、給食を子供に出さないように出来るものならしてみろ!と逆切れする親もいるそうです。

 

個室居酒屋 美味門 -UMAIMON- 八重洲店

 

確かに給食を出してと頼まれていないかもしれませんが、これは完全なモラルの問題です。給食費は自己負担であるということを学校を通じて保護者に理解を求めることが必要になりそうです。

 

何も知らない子供たちに罪はありませんので、子供を責めることはできません。子供のためにも保護者の人たちにはきちんとした態度を取ってほしいものです。