昔と今の給食

昔と今の給食

現代の給食と保護者が小学生時代の給食と比べて給食が変わったと感じている人は85パーセント以上もいるのです。またその半分以上がかなり変わったと感じているのです。昔は焼き魚におにぎりとお漬物などといったシンプルなメニューでした。そして徐々にパンが主食となり、脱脂粉乳と一緒に給食として出されていました。

 

西麻布でデート向けな焼肉

 

今ではパンはコッペパンの他、クロワッサンやデニッシュなどといったパンが出たりもするのです。また焼き魚の他、ムニエルなどレパートリーが増えているのです。昔は和食がメインでしたが、今では和食だけでなく、洋食、中華なども出るのです。また味についてもかなり変わりました。お年寄りに給食を美味しかったかと聞いてみても、ほとんどのお年よりは美味しくなかったと答えます。昔の給食は味よりも栄養バランスを考えた食事でしたので、美味しさは二の次だったのです。

 

立川 居酒屋

 

しかし食生活が豊かになった今では美味しい事が絶対条件になっているのです。そして、小学生が好むようなおかずが良く出るようになっています。今の小学生に給食は美味しいかという質問をすると、ほとんどの小学生が美味しいと答えるのです。ミートソーススパゲティやカレーといった子供が好きなメニューが給食で出るのです。

 

http://www.kushiage.net/

 

また食料の自給率を上げるために、その地域で生産された食材をその地域で消費しようとする地産地消が今注目されているのですが、それが給食にも生かされているのです。毎日新鮮な取れたての野菜等が食べられるので良いですよね。今の子供たちは給食の面においては大変恵まれていますね。