ご当地メニューへの取り組み

ご当地メニューへの取り組み

日本のほとんどの学校が今でも給食を提供しています。
これによって成長期に必要な栄養のある食事を全ての生徒に提供することができるのです。

 

カフェテリア方式などにしてしまうとなかなか子供たちが何を食べているかチェックすることができませんので、
この給食がどれだけ重要な役割を果たしているのか分かることでしょう。

 

この給食で興味深いのはそれぞれの場所によって「ご当地」の食材やメニューを利用していくことです。
少しここではその例を挙げてみましょう。

 

例えば富山県の新湊では特産のベニズワイガニを丸ごと一匹生徒に給食で提供する取り組みが行われています。
これによって子供たちも改めて自分たちの街の特産品に関心を持つことができますし、話題にもなって全国的にそれをPRすることにもなるのです。
それにしてもカニを給食で食べれるなんて本当に幸せなことです。広島県ではやはり生産量の多い「牡蠣」を使ったメニューが定期的に出されるようです。
カキフライや牡蠣汁、ボイル牡蠣など子供たちが飽きないように色んな調理方法にチャレンジしているのが特徴です。
子供の中には牡蠣の独特の食感が苦手という子もいるようですから、食わず嫌いをなくして栄養分の高いものを食べてもらうためにも給食センターの実力が試されています。
他にも神戸などでは有名な神戸ビーフを給食で子供たちに食べてもらうことがあります。
そのようにして輸入物ではなく国産牛の良さを敏感な子供たちの舌で感じてもらうことができるのです。
皆さんの地域ではどんなご当地メニューがあるでしょうか。
新宿話題のイタリアンバル NUOVOhttp://shinjuku-nuovo.com/