また食べたい

また食べたい

昔から比べると学校給食はとても美味しくなりました。昔は学校給食と言うと、不味い、美味しくない、味が無いという良くないイメージばかりあったかと思います。しかし、今ではホテルのシェフが学校給食を作ったりするほど、学校給食に力を入れている学校が多いのです。そもそも学校給食の割合は一体どのくらいなのでしょうか?

 

 

 

小学校では98パーセントが学校給食で、中学校になると約半分の50パーセントです。さらに高校になると3パーントという低い数字になってしまうのです。高校生にもなるとお弁当や学食の割合が圧倒的に多くなり、給食を懐かしく思うようになるんですよね。小学校で当たり前のように給食を食べていると、お弁当が良いと思ったりしてしまうのですが、今の給食は昔と違って美味しいので、また食べたいと言う風に思ったりするものです。ホテルのシェフが給食を作るなんて、昔では考えられませんよね。

 

岐阜にある安くておすすめな居酒屋はこちら

 

主食もおかずもメニューの種類が豊富になり、昔はパンばかりでしたが、今ではラーメンやパスタといった麺も出ますし、チャーハンやリゾットなどと言ったご飯ものもでます。和食・洋食・中華料理とバラエティに富んでいるので、飽きることがありません。また栄養バランスも良いのも特徴です。今ではそんな給食を体験してもらおうと、給食居酒屋なるお店も登場しているほどです。大人になったらそういう給食居酒屋に行かなければ食べることが出来ない給食です。

 

会社の宴会なら観世水はいかがでしょうか?

 

子供に戻れたら給食を真っ先に食べたいですね。子供にとっては当たり前の給食ですが、大人には憧れの給食です。