給食調理員として働く

給食調理員として働く

「フード系の仕事がしたい」とか「地域社会に貢献したい」と思う人にピッタリなのが学校給食の調理員です。
皆さんはこの仕事に関してどれだけのことをご存知でしょうか。
少しここで一緒に考えてみましょう。まず給食調理員の朝は非常に早いと言われています。
もちろんこれは働く場所や持ち回りによっても少し異なるかもしれませんが、大体朝の7時くらいには作業を始めるところがほとんどのようです。
終了時間は何時ころでしょうか。一般的な調理員であれば片付けの終わる午後三時とか四時には帰宅することができます。
献立を考える栄養士などはもう少し遅くなる可能性があります。
この学校給食の現場で働くのにとにかく必要なのは「衛生状態の徹底」というものです。美味しいものを作ることももちろん必要ですが、食中毒などに注意を払って安心して食べれるものを提供するのが彼らの仕事なのです。
また意外かもしれませんが、このような学校給食の現場でよく行われるのは「反省」とか「話し合い」という作業です。
例えば午後には学校から容器と一緒に残飯が返ってきますね。その残り具合をチェックしてその理由とか今後の改善につなげていくことが重要なのです。
税金からの支払いも多い仕事なのでこの点で高い意識が求められます。
実際に学校給食員として働くには地域の教育委員会が委託している会社に雇われることが一番の近道になるでしょう。
特に調理師とか管理栄養士などの資格を持っている人はいつでも大歓迎ですので参考にしてみてください。
http://shibuya-garden-hana.com/