学校給食 カロリーは押さえているのか

学校給食 カロリーは押さえているのか

いま、子どもの肥満が次第に大きな社会問題になりつつあります。肥満の原因の一つには運動しない子どもが増えたことです。肥満のもっとも大きな原因になるのはなんと言っても食べ物ではないでしょうか。

 

新宿でデートに使える居酒屋

 

肥満児が増えている現状を踏まえて、文部科学省は全国の小中学校の給食のカロリーを減らすことを決定しました。実施されるのは2013年4月からで、給食1食あたりのエネルギーを20〜30カロリー減らすことにしています。文部科学省がこれを決定したのは、児童が放課後に塾や習い事に通うため、あまり運動しなくなり、必要なエネルギー量が減ったと判断したからなのです。

 

銀座で和食ランチが人気の店

 

【文部科学省は2013年4月から学校給食のカロリーを減らすことを決めた】今回の学校給食のカロリー減少により、学校給食の新しい年齢別のカロリー量は次のようになります。<6〜7歳のカロリー量>530キロカロリー(従来より30キロカロリー減)。<8〜9歳のカロリー量>640キロカロリー(従来より20キロカロリー減)。<10〜11歳のカロリー量>750キロカロリー(従来より20キロカロリー減)。「12〜14歳のカロリー量>820キロカロリー(従来より30キロカロリー減)。なおカロリー減少については、例えば20キロカロリー減少だと御飯10グラム強になり、子ども用茶碗1杯の8分の1に相当します。

 

 

 

今回のカロリー減少に際しては、共働き世帯の増加などで生じている家庭環境の変化を踏まえて、にんじん、ほうれん草、などの緑黄色野菜やレバーに多く含まれるビタミンAの必要量を15〜40%増やすなどして、必要な栄養素の見直しも行っています。