ブランド化

ブランド化

小学校の思い出って何気に給食だったりしませんか?今でも給食の話題になると盛り上がったりしますよね。今の小学生はもとより、お年寄りに至るまでの殆どの日本人が学校給食にお世話になったのではないかと思います。昔の給食では脱脂粉乳が使われたりと、あまり給食に対して美味しいというイメージを持っていない人も多くいるかもしれませんが、現代の給食はかなり美味しくなっており、中には有名ホテルのシェフが日替わりで給食を作るという学校さえ登場しているのです。

 

吉祥寺にある人気の高い居酒屋はこちら

 

少子化の今の日本では、一人でも多くの生徒を呼び寄せようとして、給食の調理をホテルに外部委託したりして、他の学校との差別化を図ったりしています。昔はホテルのシェフが学校の給食を作るなんてことは、まずあり得ませんでした。そもそもなぜ学校で給食が支給されるようになったのでしょうか。学校給食が始まった大きな理由は、経済的に苦しい家庭の子供が十分な栄養を取ることができなかったため、必要な栄養分を給食で補おうということでした。

 

新潟の居酒屋は個室が広めで人気です

 

それが今では給食は普通となり、日本の小学校の98パーセントが学校給食を導入しているのです。また昔は必要な栄養素を補うことが目的でしたが、今ではそれにプラスアルファがされ、美味しさはもちろんのこと、有名ホテルのシェフ等というブランド化まで進んでいるのです。現代では朝食を抜く子供が多いと言われています。

 

三宮で話題の個室居酒屋

 

ブランド化をしていくのも良いのですが、朝食を抜く子供たちの事を考えて栄養バランスの良い給食にしてほしいものです。