学校給食 アレルギー問題が社会問題に

学校給食 アレルギー問題が社会問題に

昨年(2012年)チーズなどの乳製品にアレルギーがある東京都調布市の小学生が学校給食が原因で死亡するという事故がありました。死亡の原因は「アナフィラキシーショック死」というアレルギー反応であることが判明しています。この事故が契機になって、学校給食とアレルギー問題が大きな社会問題としてクローズアップしてきました。学校側は今後、アレルギーのある生徒に対しては、「除去食」と「代替食」で徹底した対応をはかる方針を打ち出しているようです。

 

銀座のおしゃれな鉄板焼きのお店 美しょう

 

【給食アレレルギー対策の除去食とか代替食と呼ばれるものは何なのか?】<除去食とは何か?>アレルギーのもととなる「原因食」を含まないように調理をすることを言います。例えば小麦粉の場合は澱粉や米粉に変更したり、天ぷらであれば焼き物にするなどして調理方法を変えていくことです。代替食を用意できない場合は自宅から主食や主采を持参してもらいます。

 

名古屋駅 居酒屋 個室 猪口猪口

 

<代替食とは何か?>「代替食」の意味は、例えば鯖が「原因食」だとすると、鯖の代わりに原因食を含まない肉などの他の食材を用意することを言います。でも、学校の給食現場はほとんどの施設が「全員が同じものを食べる」ことを前提に設備が作られていますので、「除去食」をつくるにもガス台などが不足しています。そのため電気式のIHコンロを設置し、さらにそのためのコンセントを増設するなど、様々な点で設備の変更が必要になってきます。

 

蔵之助 豊橋店

 

いま食物アレルギーを持つ生徒は全体の1〜3%ぐらいといわれています。これほどの数だと、生徒数の少ない学校では設備の変更も難しくなりますから、代替食を家庭から持参するなどの対応が必要になってきます。